アクセスマップサイトマップ無料メール相談

審美歯科 審美歯科 治療 審美歯科 治療 審美歯科料金表 審美歯科最新情報 診療予約フォーム
はぐくみの森からのお知らせ
はぐくみの森カレンダー求人募集blogインプラント審美歯科

分子栄養医学


審美歯科
審美歯科(治療)

審美歯科症例集無料メール相談

■審美歯科の種類について

歯を一層削り、かぶせ物をかぶせて、色や、形、歯並びを整える方法です。中でも、セラミックを用いた方法は、色艶にすぐれていますので、オススメしております。

 セラミックを用いたかぶせ物の種類

(ラミネート)
前歯などで唇の面だけを一層削り、セラミックの板のようなもので覆い、色や形を整えます。材質は、生体親和性のあるアルミナや、ジルコニアが多く用いられています。歯を削る量が、大変少ないために、かぶせ物の中では、歯に1番やさしい治療ともいえます。ただし、歯ぎしりが強い人などは、割れやすくなるために、この治療を選択することは、難しくなります。
(メタルボンドクラウン)
金属の裏打ちの上にセラミックを焼き付けて作るかぶせせ物(クラウン)です。強度もあるため、歯に近い色合いを出すクラウンとしては従来この方法が用いられてきました。欠点としては、経年的に歯肉が下がった場合に被せた歯の根元に金属の色がでてくる可能性があること、金属の裏打ちがあるために、透明感を出すことが、オールセラミックより難しいことなどが挙げられます。
(オールセラミッククラウン)
強度のあるセラミックの上に、透明感のあるセラミックを焼き付けて作られるかぶせ物(クラウン)です。かつては、強度が無いと言われていましたが、最近は材料の改良により、奥歯にも用いることができるようになってきています。歯肉が下がっても、金属が出る心配が無く、金属アレルギーの心配もありません。金属の裏打ちがないために、白い透明感を天然歯のように出せ、大変すぐれた材質となっています。

■オールセラミックについて
オールセラミックは、金属を全く用いていないために、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料です。また、金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。審美的、健康面から現在の王道をいく歯科最高級の材料となります。また、お口の中の歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できます。オールセラミックは、お口の中のどの部分にも、様々な形で装着できますが、保険外診療となりますので、信頼のできる専門的な歯科医院で、あなたのお口に合った最善の治療法を見つけていただければと思います。

 従来の素材とオールセラミックの違い

オールセラミックは、天然の鉱石を利用しており、従来素材の欠点を補い、金属を使わないという大きな特徴をもって注目されています。冠の全てをセラミックで作り上げるため、これまでは、その強度が問題となっていましたが、最新の技術によって、ジルコニアなどの強度にも優れた材料が開発され、奥歯の力のかかる部分にも利用できるようになりました。

従来の方法
(金属)
これまで、歯のかぶせ物には金属を利用することがほとんどでした。食事や運動をするとき、歯には自分の体重くらいと言われるほどの大きな力がかかります。本来生まれ持った自分の歯は、その大きな力を支えるため、水晶に匹敵するといわれる硬さを備えています。天然の歯を被せる必要が生じて、その換わりとなる材料を探すとき、その硬さを補う人工のかぶせ物には、今までの技術では金属を使うしかありませんでした。保険適用の材質もございますが、残念ながら、審美的には満足のいくものが得られることができません。また、金属アレルギーを併発する可能性もあります。

(メタルボンド)
白い被せ物を作るときにも、白い部分を金属の枠組みに焼き付けて作る陶材焼付け冠(メタルボンドクラウン)という冠が長い間使用されてきています。この冠が従来、審美修復の王道といえていました。しかし、金属の裏打ちをした冠は経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えたり、金属の裏打ちのないオールセラミックと比べると自然な歯の輝きが思うように出ないなどの欠点もあります。

■ラミネートべニアについて
 ラミネートべニア法とは

前歯のあまり修復がなく、歯をたくさん削られるのが嫌な方で、歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、 治療後の変色や着色もほとんどありません。ただし、すべての方におこなえる治療ではございません。

適用となる方
・変色した歯、着色の著しい歯
テトラサイクリン、フッ素などの薬物によるもの、先天的な遺伝によるもの、神経を抜いた歯の変色など
・虫歯
浅く、広範囲な虫歯になってしまった場合。一本の歯に数箇所の虫歯ができてしまった場合、など
・歯の形が不ぞろい
極度に小さい歯や、形が整っていない歯など
・軽度に歯並びの悪い場合
極度に小さい歯や、形が整っていない歯など

適用にならない方
・咬む力が極度に強い人
顎の力が強いと、貼り付けたセラミックが破損し、はがれる可能性があります。
・お口の中の衛生状態の悪い人
お口の中の衛生状態が悪いと、セラミックの寿命が短くなる場合があります。
・セラミックを貼る土台が残っていない人
セラミックを貼るための土台となる歯が残っていなければ、適応できません。
・重度に歯並びの悪い人
極端に歯並びが悪い場合、隣の歯とぶつかり、セラミックが破損する場合があります。